<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

天上の楽園!満開御礼ニッコウキスゲ!!

  • 2017.07.23 Sunday
  • -
  •  
今年は、夏の到来を告げるニッコウキスゲの当たり年!
車山高原では、黄色い絨毯を敷き詰めたようにニッコウキスゲが咲き乱れ、連日、多くのハイカーたちで賑わっています。





手が届きそうなほど近い雲、深く濃い青空、
そしてニッコウキスゲに覆われた黄色い草原…、
これ以上望むべくもない素晴らしき絶景の大パノラマ!





鳥やトンボもニッコウキスゲに見惚れるように、ゆったりのんびり羽休め。夏の車山高原は、まさに天上の楽園です。





本格的な夏を迎え、涼やかな高原ドライブが楽しめるビーナスラインは、これからがハイシーズン。



ちょっと早起きして、観光客が押し寄せる前のビーナスラインをクルマで流してみませんか。窓を開け、標高1,600mオーバーの涼風を受けながら走る高原ドライブは格別です。

純天然!高濃度!横谷峡で“マイナスイオン浴”

まだ梅雨も明けていないのに、太平洋側の都市部は連日の真夏日。
ヒートアイランド現象で気温がぐんぐん上がり喘ぐような酷暑。
でも、標高1,200mオーバーの蓼科高原では、どんなに陽射しが強い日でも、一歩木陰に入ればひんやり。エアコンいらずです。



ここ数年、マイナスイオンを売りにするエアコンが増えていますが、やっぱり天然に優るものはありません。
蓼科には渓谷や滝が目白押しで、なかでも『チェルトの森』別荘地から車で20分程の横谷峡には、渓谷沿いに遊歩道が整備され、密度の濃い天然のマイナスイオンを浴びることができます。





樹木の緑、苔むした岩、キラキラと光る水面、
渓流のせせらぎ、野鳥のさえずり…
横谷峡はマイナスイオンに満ち溢れ、身も心も綺麗に洗われていくよう。





乙女滝は、マイナスイオン、20,000個/cc。



霜降りの滝は、マイナスイオン、20,000個/cc。



遊歩道沿いの一枚岩付近は、マイナスイオンが15,000個/cc。



横谷渓谷で最大の落差(40m)を誇る王滝は、なんと25,000個/cc。



明治温泉前のおしどり隠しの滝は、15,000個/cc。



冷たいマイナスイオンのミストが全身に降り注ぎ、生き返ったような気分。まさにマイナスイオンの聖地だ。

『チェルトの森』別荘地から車でちょっと足をのばすだけで、純天然の、しかもすこぶる高濃度なマイナスイオン浴が楽しめるなんて、最高ですね。