<< November 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

蓼科で味わう昭和のナポリタン


蓼科高原には、お洒落なカフェやレストランがたくさんありますが、観光客目当ての店は、冬が近づくと休店してしまうところが目立つ。
その点、地元の人に親しまれているレストランは通年営業しており、冬も蓼科の別荘を利用しているオーナーの強い味方になっている。



なかでも、ビーナスライン沿いで40年以上も前から営業している「れすとらん森」は、懐かしい昭和の洋食が味わえると人気で、地元人だけでなく別荘オーナーの常連客も多い。





店内は木の香りに包まれた山小屋風で、天井には歴史を感じさせる扇風機。自分の部屋のように落ち着ける、やさしい空気が漂っている。



そして一番人気のメニューは、鉄板焼きの“あつあつナポリタン”。





トマトソースのパスタなんて小洒落たヤツじゃなくて、
昔懐かしいケチャップ味のスパゲッティ・ナポリタンだ。



ソーセージは、もちろん赤いソーセージ!
タマネギ、ピーマン、マッシュルーム、チキン…
具がたっぷりで鉄板から溢れんばかり!!



もっちもっちのスパゲッティにしっかり染み込んだケチャップ味、これぞ正真正銘の“ナポリタン”。
粉チーズをたっぷり振りかけると、ケチャップの酸味がやわらぎ実にまろやか。懐かしい昭和の味を求めて「れすとらん森」へ通う別荘オーナーが多いというのも頷ける。



スパゲッティの下には薄焼きタマゴが敷かれた名古屋式。食べ進んで行って出会う鉄板焼きタマゴの芳ばしさ。癖になる味だ。



「れすとらん森」の年内の営業は大晦日まで。年明けはなんと元日から営業するとのこと。冬季休業どころか年末年始フル営業するとは驚くばかり。
皆さん、冬の蓼科はオフシーズンだと思っていたら、大間違いですよ!!



「れすとらん森」
住所:長野県茅野市湖東6595-148
電話:0266-78-2636
火曜定休



蓼科紅葉劇場、 いよいよファイナル。

遅れていた紅葉もピークを迎え、
蓼科高原は鮮やかな彩りに包まれ、豪華絢爛。



燃えるようなモミジやカエデの赤、
カツラやカラマツの黄の共演は、
誰もの心を奪う美しさ。



標高1,000mオーバーの高原の空気は澄み渡り、
鮮烈な色彩が大気というフィルターを通すことなく迫ってくる。



奥蓼科の御射鹿池、蓼科湖などのメジャーな景勝地も紅葉盛り。





天高き秋の八ヶ岳山麓で開演中の紅葉劇場も、
いよいよファイナルを迎えようとしています。