<< January 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

普段使いの蓼科生活



今シーズンの蓼科は、いつになく雪が多いですが、
別荘地内はもちろん、茅野市街の道路は除雪が行き届き
雪に閉ざされるような不便さはまったくありません。
幹線道路沿いのスーパーやレストランも通常通り営業していますし、
“普段”通りに過ごせます。

そこで今回は、“普段”をキーワードに、
普段使いのレストランとして
フィールドノート」さんを取り上げたいと思います。



地元の方々に愛され
ランチタイムには満席になることも珍しくない
ビーナスライン沿いにあるカントリーレストランで
本ブログの管理人も15年近く通っています。



店内には、アンティークというか、古道具というか、
1950年〜70年代の小物、ミシン、レジスター,





クルマのカタログ(通好みのホンダ1300!)などが自分ち感覚で置かれ



なんといってもスピーカーがたまりません!



リニアフェイスのテクニクス(知る人ぞ知るマニア感涙の名機)ですよ!!

そんな懐かしいアイテムたちが、これ見よがしにあるのではなく、
ざっくばらんに置いてあるところが、実に心地よいのです。

そして料理は、食材の旨味を引き出したオリジナル。
気をてらわない“ザ・洋食”メニューです。


※写真は日替わりランチのハンバーグ

リゾート地である蓼科は、料理が割高なイメージがありますが、
フィールドノートさんは味・量・コストが適正で、
質を考えるとかなりリーズナブル。

しかも脇役になりがちなご飯がなんとも艶やかで抜群の美味さ!
噛むほどに甘みが広がる。
どこのお米を使っているのか尋ねたところ、
蓼科産のミルキークイーンを生産者から直に仕入れているとのこと。
魚沼産コシヒカリに匹敵すると評判の
高原農家のミルキークイーンを使っていたとは、隙がありません。
ランチはおかわり自由と太っ腹です。
※すいません!一気に食べてしまいご飯の写真撮るの忘れました。


リゾート地のレストランは入れ替わりが激しいものですが、
長年、変わらぬ人気を保ち続けているお店には、
それなりの理由があるのですね。



気負わない、楽しい、美味しい空間。
極上の“普段使い”です。







八ヶ岳に会いたい!

年が明け、寒さが一段と増していますね。

「寒い時は、寒いところが一番いい」なんて言いますが、
まさしくその通り!
八ヶ岳山麓の蓼科高原に来ると
その言葉の意味が実感できます。

ビル風吹きすさむ都心から中央自動車道をひた走り、
甲府〜韮崎を過ぎた辺りで
眼前に八ヶ岳が現れ、
裾野を大きく広げて待っています。



さぁ、中央道をぐんぐん進み八ヶ岳の懐へ!



諏訪南インターから原村を経由し、
蓼科高原「チェルトの森」別荘地に到着。



微笑みながら出迎えてくれる阿弥陀岳。



成層圏を思わせる深く濃い青空。
荘厳な白い稜線。



東京都心から約180km。
白い八ヶ岳に出会う、ただそれだけのために蓼科へ通う。
そんな冬が大好きです。




※標高1,000mオーバーの蓼科高原の冬の寒さは、
確かに厳しいですが、風が少ないので体感温度はさほどでもなかったりします。






Photo/2014.1.16