<< May 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

目には青葉

  • 2010.05.21 Friday
  • -
  •  
目には青葉 山ほととぎす 初鰹 
とは江戸中期の俳人、山口素堂の句である。

残念ながら初鰹は望めない地域ではあるが、
急激に芽吹いた木々などを見ていたら、
ふとこの句を思い出した。

毎年のことながら、この新緑の季節は
眩しいくらいに気持ちがいい。

鮮やかな緑の中、少し歩いてみると、足下に小さな花。

今日は散歩して見かけた道端の花のスナップを掲載。









小さいものだと直径1僂砲睨たない花。
歩いているとそこここにポツポツと咲いている。

野原に咲き誇る一面の花に息を呑むのもいい。
しかし、道端に咲く花々はどこか奥ゆかしく、癒される。

見ようとしなければ目を留めないであろう、小さい花。
一つ一つの花弁がキラキラと生命力を放っているように見えた。


追記
筆者が無知なもので、花の名称については割愛いたします。
詳しい方いらっしゃったら教えてください。

ランチタイム 〜Epi〜

春というより一気に夏の陽気。

冬の間休んでいたカラマツも
慌てて新芽を芽吹きだした。

さて、こんな陽気になってくると、自然とウズウズしてしまう。

「・・・よし、ピクニックしよう!」と思い立ち、
販売センターを駆け出した。
せっかくなので、おいしいパンを食べようと
車を走らせること、15分弱。

蓼科ビレッジの入口付近、
『焼きたてパン&PIZZERIA Epi』
こちらのパン、絶品なんです!



サクラ舞い散る店外。標高1200mのパン屋さん。

こちらは看板。テラス席が気持ち良さそう。

店内。この奥でピザやカフェも楽しめる。

私が行った12時30分頃にはもう種類が少なくなっていた。ひと足遅かったか。

パン屋さんに並んでいるパンって、
どれもこれも美味しそうに見えてしまう。
そして全て食べたくなってしまうから不思議だ。

オススメを伺ったところ、
「ハスカップのデニッシュです。」とのこと。

ハスカップとはブルーベリーに似たもので、
酸味があり、さわやかな後味なのだとか。

蓼科高原産のハスカップ・・・。
なんだかよくわからんが、興味が湧いてきた。

そして食べたことのないパン達に囲まれながら、
さらにテンションが上がってくる。

「じゃ、これとこれと、あとこれも。」

・・・そうこうする間にやはり買いすぎてしまった。



チェルトの森、管理事務所付近にて。おいしそうなパン達。

通り抜ける風が爽やか。そしてパンをモグモグモグ・・・。最高!

管理事務所そばの高台に上り、
買ってきたパンをパクリ。

『ハスカップのデニッシュ』(上写真の赤いパン)は
酸味が効いていてサッパリ食べられる。
汗ばむ陽気だったので、外で食べるにはぴったり。
そのほか、『カスクルート(サンドイッチ)』も、
『オレンジピールのデニッシュ』も美味かったが、
私のイチオシは、胡桃、レーズン、オレンジピール
の入った『in北海道スティック』なるもの(上写真中央の細長いパン)。
外は硬く、中はもっちり具だくさん(クルミも大きい)。
食べ応えがあり、大満足。

蓼科の澄んだ空気と陽射しの中、高原を満喫したのであった。

と・・・書いていて気づいたが、なんだか休日のよう(笑)
れっきとした営業日で、お仕事の合間なんです。

思い立った時にいつでもリフレッシュできる、
これだけの自然に囲まれた環境に改めて感謝。


さて、美味しいパンをお探しなら、
一度訪れて損はない、Epiさんの詳細はこちら。
焼きたてパン&PIZZERIA Epi
TEL:0266-67-5311
http://www.tateshina-epi.com/

御柱祭 いざ!

御柱祭 里曳き 初日。

「本日ハ晴天ナリ!」とばかりに
見上げる空には雲ひとつない、絶好の行楽日和である。

チェルトの森からは『御柱祭』への参加、見学の為に
送迎バスが出るのだが、集合場所である
管理事務所前にはすでに大勢の方が集まっていらしていた。

時は来た!ですぞ。



管理事務所前にて。バスも出発の時を待つ。

氏子である管理スタッフ。格好からして気合が違う!

チェルトの森特製ハッピに身を包み、いざ!御柱!。

出発前、バスを待つ人に話を聞いた。
「今回で実は3度目のおんばしら。でも何回来てもいいね。
 地元ではこういった祭はないし。しかも7年に一度でしょ。
 そりゃもう、参加しないとね。」
ハッピの襟を正しつつ、落ち着かない様子で話す姿。

地元の氏子、そして観光でいらっしゃる方、
全ての人々の熱気により御柱は動くのかもしれない。

気をつけて、いってらっしゃい!!!


尚、諏訪上社御柱祭 里曳きは、本日〜4日まで
開催されます。最大のハイライトは『建御柱』。

詳しくは御柱祭公式HP
http://www.onbashira.jp/をご覧ください。

チェルトの森からの送迎バスについては管理事務所まで
お問い合わせ下さい。0266-76-2211まで。