<< January 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

校庭リンクのその先に

  • 2010.01.19 Tuesday
  • -
  •  
チェルトの森別荘地から約4kmの所に
茅野市立泉野小学校がある。

この辺りの小学校としてはそれほど珍しい
ことではないようだが、冬季、校庭に氷を張り、
スケートリンクとして使用している。

ここ連日の寒さの為、今年は氷もきれいに張り、
今朝も小学生たちが汗を流し、歓声を上げていた。

そんな中、こんな横断幕が目についた。



八ヶ岳に見守られ、静かに佇む校舎とリンク。

五輪出場、おめでとうございます!

今年はバンクーバー冬季オリンピックの年である。

泉野小学校の卒業生である吉井小百合さんが、
スピードスケートの代表選手として
オリンピックに出場するのだ。

吉井選手にとっても”原点”であろうこの場所、
鼻を突く冷たい空気、踏みしめた氷の思い出。

近年は温暖化による気温の上昇もあり、
積雪も減ってきている中、過ごしやすい冬は
大歓迎なのだが、この土地らしい冬のあり方、
自然との接し方とでもいうべきものについて、
ふと考えてしまった。

この先、こういった体験ができる環境が
少なくなるのだろうか。

横断幕に見守られ、歓声をあげている子供達。
小さな胸に大きな夢躍らせて、懸命に滑っているのかと
思いを馳せる。

この地域ならではの伝統、文化、気候。
これもまた都心では味わえない魅力のひとつだろう。



謹賀新年 2010

旧年中は格別のお引き立てに預かり、誠に有難うございました。
本年もこのブログ、森の音色−蓼科そぞろ話をご笑覧くださいますよう
よろしくお願い申しあげます。



湧き立つ雲と雪に包まれる別荘地内。一面の銀世界。


白銀の 雪軽やかに 年明けて
 

約5cm程の粉雪が別荘地内を包み込んだ。

それは新たな年の幕開けに相応しく、
真っ白な新雪に確かな一歩を踏み出していこうと
気持ちも新たに。



「今年もヨロシク。」と言ってたかどうか定かではないが。

新年早々鹿と遭遇。
今年も素敵な出会いと発見がありますように。