<< July 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

今世紀最大の・・・。

2009年7月22日、今世紀最大の天体ショー
とも言われている、皆既日食の日である。

ここ、蓼科近辺では部分日食しか見られないそうだが、
それでも太陽が欠ける神秘的な出来事を是非この目で
見てみたい…!
と思っていたのだが。

AM10:30頃の空模様。



どんよりと厚い雲に覆われた空。…太陽はどこですか?

先週14日に関東甲信地方の梅雨明けが発表されたが
この一週間晴れたのは2日間ぐらい。
厚い雲に覆われ、時折雨が降る天気が続いていた。

完全に諦めかけたAM10:50頃、奇跡が起こる。




約1分間、薄い雲から半月のようなシルエットが!

最大に欠けるであろう予想時刻近く、
厚い雲から一瞬薄い雲に。

薄雲越しなので逆に肉眼でくっきり確認できた。
半月〜三日月のようなシルエット。

慌ててカメラを携えシャッターを切るも画面は真っ白。
着ていた紺のジャケットを脱ぎ、そのジャケットごしに
シャッターを切ったものが上の写真である。
写真でいうと太陽の右側から食が起きている。
若干ではあるが、欠けているのが判るだろうか。

皆さんのお住まいの地域では、どのように観測できたのだろう。

高原の夏は短い。お盆を過ぎると
とたんに涼しくなる。
そう考えると残りは約3週間くらいだろうか。

この夏、思い出の1ページ。

梅雨

しとしと雨というよりも、最近の梅雨は
時折ゲリラ豪雨といった雨が降る。

今朝は、一時的に滝のような豪雨、
午後は嘘のように晴れ間が見えた。

大気の状態が不安定なのだろうが、
こんな天気の日ほど、晴れ間の青は鮮烈で
雲は様々な表情を見せてくれる。

夕刻。



木々の彼方、山々の彼方へと沈む夕日。


クラブハウス前。南アルプス方面。


クラブハウスに取り付けられたライブカメラ。

チェルトの森HPにはライブカメラの映像がある。
夕刻時、南アルプス方面や夕日を反射した八ヶ岳などが
ご覧いただける。

ただし、画像と実際に目にするのとは、圧倒的に違いがある。

色彩、空間の広がり、奥行き。

機会があればだが、梅雨が開けてしまう前に、
高原の夕暮れの時間を是非とも体感してほしい。




〜ひとりごと〜

どうして七夕は7月7日なのか。

どう考えたって梅雨の最中。
今年の予報も曇り。
天の川なんて見られるわけもなかった。

七夕の日を決めた人間が、織姫、彦星に意地悪しているのか、
はたまた織姫、彦星サイドで、短冊に勝手な願いを
込められても困るせいか。

星に願いを。

日本の暦の中では唯一にして最上の
ロマンチックな日ではないかと思うのだが。