<< July 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

盛夏

蝉しぐれが事務所内にまで聞こえてくる。

7月25日、東京都心で34.5℃を記録したらしい。
ここ数日、昼間は蓼科高原でも暑く感じる。
ただ、先日お客様に「暑いですね。」とお声をかけた所、
「都心に比べたら全然涼しいですよ」とのご回答。
都会の暑さとこちらの暑さ、根本的に違うのであろう。

そこで今回のブログは少々趣向を変え、
蓼科高原における気温と、実際にチェルトの森で
今期販売している区画について簡単にまとめてみた。

まず蓼科高原の気温について。
チェルトの森のすぐお隣の別荘地である、
蓼科高原三井の森のHPの中に、
蓼科管理センターのページがあるのだが、
その中で、【天候記録】という項目がある。
7月25日の記録を抜粋させていただくと、
管理センター(標高約1200m)
最高気温 30℃
最低気温 15℃
つつじが丘(標高約1500m)
最高気温 26℃
最低気温 15℃  とのこと
最高気温は少し高め。だが最低気温は共に15℃である。
湿度も低い為、日中でも日影の過ごしやすさは都会の比ではない。
夕方からはさらに涼しくなるため、夜はゆっくり眠れそう。


次はチェルトの森で今期販売している区画のうち
標高約1400mの区画があるのだが、少しそちらに触れてみたい。
PM14:00の気温がこちら。


気温約27℃、湿度は55%といったところか。
この日は午後になり雲が出てきた為、少し湿気を感じたが、
それでも湿度はこの程度。


写真 ”弦睫鵤隠苅娃娃蹇チェルトの森内でも標高は比較的高め。

写真◆”瀉脇發撚召坊物位置を想定した場所より南方向を見る。

敷地内でのひとコマ。トンボもひとやすみ。


柳川2−9−10
権利形態:借地権
地目:原野
販売価格:620万円
土地面積:1,164屐別鵤械毅可據



熟成した街並に包まれた緩やかな南西向きの土地。

二方向道路の為、敷地面積以上にゆったりとした別荘生活が楽しめそう。
木立を通り抜ける風が心地よい、夏の避暑向きな区画。

詳細はチェルトの森HP内、左側項目一覧より【直販情報】をご覧下さい

年々問題になるヒートアイランド現象に地球温暖化。
都会の猛暑を逃れて蓼科高原へ。
ヒグラシの声もまた夏の風物詩である。


夏色

7月19日、関東甲信越地方の梅雨明けが
発表された。

蓼科高原もここ数日は天候に恵まれ、連日暑い日が続いている。
いよいよ夏本番を迎えたチェルトの森別荘地内の風景。



白樺の木立を横目に散歩。流れ清水街区。

アザミに寄り添うセイヨウミツバチ。

童話の世界のような幻想的な光景に目を疑う。柳川街区。

見上げると雲がゆっくり流れる。

キイチゴ属。キイチゴは分化が激しく雑種も多い為、種の特定できず。


こうして写真を並べてみると別荘地内には、実に様々な
”色”があることに気づく。

高原の夏は色鮮やかである。



ちょっとした○○探し

ショッピングプラザ”ユアーズ”

チェルトの森管理事務所に併設されている、いわゆる”高原の売店”。
ちょっとした日用品と食料品、土産品などを扱っている
のだが、その品揃えはなかなかに興味深い。

今回はそんな”ユアーズ”をクローズアップしてみたい。



チェルトの森エントランス付近、管理事務所に併設。

店内は日用品のほか、”信州”にこだわった土産物等が並ぶ。

ユアーズの目玉商品のひとつ。イマイ農園の産直野菜。
この野菜は【三井の森だよりvol.46】でも取りあげたのだが、
地元の野菜づくり名人、今井さんの農園で採れる新鮮な野菜を
驚きの低価格で販売している。
緑のナス、黄色いズッキーニ、生でも食べられるカボチャ・・・。
そんな目にもオイシイ野菜達。
店先に並んでもすぐ売り切れてしまい、また納入が不定期なので、
見かけたら”即買い”したほうがよさそうだ。



イマイ農園コーナー。あいにく野菜は売り切れ状態。



そんな中、このコーナーが目に入った。


「タンスの中で眠っていた着物がよみがえったバックです」???

着物をリサイクルし、バックに。

地元の方が納品しているそうだが、
品があり、お手ごろな価格で、女性に喜ばれそうな
可愛らしい和のアイテム。
これからの季節、お祭りに浴衣で参加といったときなど重宝しそう。


有機栽培の野菜や、リサイクル商品。
ちょっとした高原の味、ちょっとしたECO。
ちょっとした○○探しで蓼科ライフをたっぷり満喫。


お問い合せは 0266-76-2211 まで。


夏は夜。

清少納言は随筆”枕草子”の中で 夏は夜。 と詠んでいる

平安時代、おそらく夏の日中は暑く、
夜にならないと過ごしやすくならなかったのであろう。

今回の写真はそんな夏の夜の写真・・・と思ったが、
真っ暗でなにも写らないので断念。

代わりと言ってはなんだが、この写真を掲載したい。
”雨など降るもをかし。”とは少々違うのかもしれないが、
雨上がりの夕焼けは目を奪われる。



鳴岩街区より。西の空への空間の広がりが伝わるだろうか?

約20分後。雨雲は流れ、陽はずいぶん傾いている。細い斜線は電線。



西の山の稜線に沈む夕陽。


清少納言もこの夕陽を見ただろうか?
ひょっとしたら平安時代の京都から山の稜線に沈む夕陽も
同じように見えたんじゃないか?と、しばし感傷にひたる。
時代を超え、同じ感覚を共有したような気分になるのは
筆者の思い込みなのだろうが。



ランチタイム Part4

「この辺りでおいしいお蕎麦屋さんありますか?」

ここで働いていると、よく訊かれる質問のひとつである。
せっかくだから、その土地の名物を食べたいと感じる心情、同感です。
そんな時、このあたりで評判のお蕎麦屋さんをいくつかご紹介するのだが、
「やはり自分自身が実際に食して味を確かめねば・・・!」
という使命感に駆られ(たかどうか定かではないが)、本日のランチは蕎麦に決定。
蓼科高原プール平へ車を走らせる。目指すは手打蕎麦のお店”黙坊(もくぼう)”。



和の風情漂う店先。看板とのれんが印象的。

のれんをくぐると目の前には蕎麦打台が。

店内も和の落ち着いた雰囲気。

店内はこじんまりとしていて和の風情が漂う。洗練され洒落た小物が目を引く。

メニュー。夏季はもりそばのみ。

冬季限定メニューの”投汁そば”を注文。
たまたま取材日(6/30)が冬季メニューの最終日だった。
”投汁(とうじ)?”というあまり聞きなじみのない言葉に期待と不安が入り混じる。


これだけだと通常のもり蕎麦、だが。

鴨肉、揚げ、ねぎの入った熱々の汁に・・・。

蕎麦を専用の小手に入れ、しゃぶしゃぶしゃぶしゃぶ。

そばがきも注文。削りたての鰹節が香る。

蕎麦を汁に投じるから”投汁そば”。冷たい蕎麦をしゃぶしゃぶ
することにより、熱々でありながらコシのしっかりした蕎麦を最後まで
楽しめる。また、鍋に投じずに汁を少量かけて食べても蕎麦本来の香りが楽しめ、
一度で二度おいしい。
付け合せの豆はほのかに甘く、そばがきは独特のふわっとした食感で
削りたての鰹節、大根おろしでサッパリと。
ちょっとした細かい仕事が丁寧で、その気配りに心も温まる。
額に汗をかきながら完食。
信州といえばお蕎麦。そして信州人の温もりも同時に感じるお店。
ごちそうさまでした。


お問い合せは 0266-67-2014 手打ち蕎麦 黙坊まで