<< April 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

行楽日和

「週末はお天気に恵まれ絶好の行楽日和となるでしょう。」

TV等の天気予報でよく耳にするフレーズだ。
GWを迎えたここ数日、おそらくこのような陽気のことを
”行楽日和”というのだろう。


チェルトの森内の管理釣り場、”槻の池”

天気が良すぎて少し写真が見えにくいかもしれないが、雰囲気だけでも
伝わったらと思う。
手前に槻の池、少し奥に鹿島南蓼科ゴルフコースがあり、さらに奥に
うっすらと見える八ヶ岳連峰のひとつ、天狗岳。
競泳、平泳ぎ金メダリストの北島康介でなくても「気持ちイイ〜。」
と声に出して言いたくなってしまう。
そしてそれは、次の瞬間、さらなる高みへ向かう。



ファイトの末、敗北を喫したブラウントラウト

体調約30センチ。地元の方の釣り上げた獲物を写真に撮らせていただいた。
「このロケーションで釣りができる場所は他になかなかない。」
確かにそうかもしれない。そしてお隣では、ナイスショットの姿。

お話お聞かせいただいたお二人、存分にお楽しみいただけましたか?

何気ないワンシーンかもしれないが、本日もチェルトの森は”行楽日和”。


春・うらら

4月25日、GW目前の蓼科もようやく目にみえて春の装い。
やわらかな春の陽気に誘われ、昼休みに周辺を散策してみた。
寒さから解放された花々が背筋を伸ばすように咲き誇る。




エコーラインからチェルトの森に向かう目印にもなっている火の見やぐら周辺。


タンポポの絨毯。思わず昼寝したくなる。

火の見やぐらよりチェルトの森方面に進む。ふと木々に埋もれた桜の木発見。

小学校低学年の頃、春を探しに教室を飛び出し課外授業に出掛けた。
大人になった今、また春を感じに外に出掛ける。
日差し、匂い、音。昔と変わらぬワクワク感。自然と四季に改めて感謝。

こうなったら次は春の味覚を味わって、五感を春で満たそうと思う。



一新

今期よりチェルトの森販売センターのスタッフの顔ぶれが一新しました。
気持ちも新たに、皆様のお越しをお待ちしております。
つきましてはご好評いただいております、このブログ〜蓼科そぞろ話〜も
販売スタッフが担当させていただく運びとなりました。 
今後ともよろしくお願いします。



今春発行の”三井の森だより2008春”に掲載されているチェルトの森特集ページ

三井の森だより2008春が発行されました。
蓼科高原における別荘生活情報などが詰まっております。
お問い合せはチェルトの森販売センター 0120−762−637まで