<< December 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

白嶺の朝

八ヶ岳に厚く重い雲がかかると、次の日の天気がとても気になる。
晴天を迎えると、新雪で純白に染まった八ヶ岳連峰が現れ眩いばかり。
青空の下に連なる白い嶺々は荘厳なまでに美しく、
何度見ても感動を覚えずにはいられない。




上/八ヶ岳連峰:下/蓼科山(エコーライン尖石考古館西交差点付近から望む)

特にエコーラインの沿道には視界の広いビュースポットが多く、
晴れた日の朝、ちょっと早起きしてエコーラインをドライブすると
白く輝く北アルプスや中央アルプスの遠望が楽しめる。




上/北アルプス:下/中央アルプス(エコーライン一里塚交差点〜槻木大橋間付近から望む)


冬の深まりとともに朝の冷え込みも厳しくなって行くが、
気温の低下とともに空気が澄み渡り、山の美しさはさらに増して行く。
この景色を一度でも目にすると、冬篭りなんてしていられないはず!


新年は新酒で

  • 2007.12.20 Thursday
  • -
  •  
早いもので、今年も残すところ10日あまり。
しめ飾りや鏡餅など正月飾りの商品がスーパーマーケットの店先に並び始めている。
「新年を祝うには新酒がぴったり。しかも蔵出しの搾りたて新酒なら、
さらに縁起が良いはず!」と験を担ぎ、上諏訪の酒蔵へ出向いてみた。
甲州街道沿いに点在している酒蔵には新酒の看板が掲げられ、結構賑やか。
まず『初つくり・にごり酒』のタペストリーに誘われるように、伊東酒造・横笛へ。





太い梁と柱に漆喰の白壁を持つ店内は、これぞ酒蔵という古風なもの。
自ずと期待が膨らむ。
試飲用のディスペンサーも用意されており、作り手の自信が窺える。
今回はクルマで来てしまったので試飲はパス。蔵のスタッフの説明を聞き、
搾ったそのままの味が楽しめる『初つくり』と、瓶発酵の『活性にごり酒』を購入してみた。
この『活性にごり酒』は、今年のできたての酒を活きたまま瓶詰めし、
瓶内で十日前後かけてじっくり発酵させた稀少品で、
蔵出し500本限定・店頭販売わずか200本というレアな『にごり酒』。




酵母の働きによる微炭酸が生み出す口当たりは、どんなものなのか?
興味が湧き、新年まで待つことができず、帰宅と同時に栓を空けてしまった。
一気に栓を空けると溢れ出てしまうので、何度かに分けて少しづつ栓を緩めて行く。
シュルルルルルゥッ〜と栓口から漏れる音は、シャンパンのようだ。
ぐい飲みグラスに注ぐと、白濁色のお酒のなかに
シュワシュワと気泡が間断なく立ち上っている。。


舌の上でプチプチ弾ける微炭酸の口当たりはとても爽やかで、まさに新感覚。
さらりとしていながら日本酒ならではのふくよかな味覚が残香として口内に広がる。
新年、我が家に集まる旧友たちにぜひとも自慢したい地酒である。
まだ在庫が残っていることを願って、上諏訪へ再度出かけてみなければ…。