<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

まもなく、新祝日“山の日 ”


今年、8月の祝日として新たに制定された“山の日・8月11日”。
祝日が増えるのは“海の日”以来で、なんと20年ぶり!



日本は、周囲に海が広がる島国であると共に、
陸地面積の約75%が山地という山国。
考えてみると、
“海の日”があるのに、なぜ“山の日”がなかったのか、
不思議なくらいですね。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨に生まれた
“山の日”にちなみ、いつも麓から仰ぎみている八ヶ岳に登ってみませんか。

赤岳、阿弥陀岳、横岳といった険しい南八ヶ岳は、
それなりの経験と体力が必要だが、
『北八ヶ岳ロープウェイ』で山頂近くまでアクセスできる北横岳なら、
初心者でもOK。山に親しむ“山の日”にぴったりです。



標高1,771mの山麓駅から標高2,237mの山頂駅まで
ロープウェイの空中散歩を楽しみ、
山頂駅から標高2,480mの北横岳山頂へ標高差243mのトレッキング。





登山道はとても整備されていて歩きやすく、
90分ほどで北横岳の頂に立つことができます。



晴天時は、南八ヶ岳をはじめ、南・中央・北アルプス、木曽御嶽山、乗鞍岳、浅間山、金峰山などなど、信州・甲斐・秩父の山並を一望できます。







“山の日”新設を記念して、
今夏はぜひ、山の頂上に立ってみてください。
標高2,000mオーバーの透き通った空気、
壮大なマウンテンビューは、格別ですよ!



小さな山で、大きな感動!

いつも間近に見上げている八ヶ岳を、
ちょっと離れた場所から眺めてみたくなり、
ハイキング感覚で登れる八子ヶ峰を散歩してきました。



ビーナスラインのすずらん峠手前にある登山口から
ゆっくり歩いて30分で山頂に着けるお気軽な山なのに
雄大な八ヶ岳の稜線をはじめ、
南・中央・北アルプスのパノラマビューが楽しめるので、非常にお得!
ロープウェイなどの飛び道具を使わない点もいいですね!



道中には、マツムシソウなどの山野草がタンポポのように咲き、
アサギマダラがモンシロチョウ並に飛んでいます。
貴重な自然が身近すぎて、なんとも有り難い気分です。





山頂のヒュッテに着くと、
蓼科山山頂が手に届きそうな所で「こんにちは!」



ちょっと車で足を伸ばすだけで、
自然の純度がるさらに上がるこの感覚、蓼科の魅力ですよね!


続・蓼科山に登らずして「蓼科」は語れない!?

さて今回は、前々号でお届けした蓼科山特集の続編として、
登山ルートの様子をお届けしましょう。

7合目から登山道に入ったばかりのところは、
ハイキングコースのような森の小径が続くのでウォーミングアップにもってこい。


しばらくすると、倒木だからけの斜面が行く手に立ちはだかり、
足場の良いところを探しながら登ります。

途中、視界の広がる場所もあり、休憩にもってこい。
下界を見晴らすと、緑の樹海のなかで女神湖が宝石のように青く輝いています。


そして、山頂間近になると険しい岩場。両手両足を使って、岩にへばりつきながら、
一歩一歩登っていくと、一面、岩に覆われた広大な山頂が広がります。




以前、フツーに登るだけでは物足りないような気がして、
バーベキューコンロを担いでいったことがあります。
なにせ食材も懲りに凝り、オマール海老&上カルビ!!


何事も、とことん楽しみましょう!
雲海の彼方に浮かぶ山並みを見晴らしながらの山頂バーベキューは、最高!



蓼科山に登らずして「蓼科」は語れない!?

言うまでもないことですが、
“蓼科”高原の名称は、“蓼科”山から名付けられたもの。
チェルトの森別荘地内からも、
諏訪富士と称される優美な山容を望むことができます。


蓼科高原に来たら、その名のルーツである蓼科山の頂上に
一度は立ってみたいもの。
『蓼科山に登らずして蓼科は語れない!?』
そんな思いで、数年前に蓼科山へ登ったことがあります。

蓼科山頂上の様子はこんな感じです↓


一面を黒い溶岩に覆われ、
樹木が全く無いため視界を遮るものがありません。
360°の大パノラマが楽しめる標高2530mの展望広場です。


蓼科山から望む八ヶ岳のダイナミックな稜線は見応え抜群。
山麓の雄大さに圧倒されます。


以前登った時はとてもツイていて、虹色の彩雲が頭上に!!!!!

蓼科山からのサプライズな贈り物に、感謝感激いたしました!

七合目から出発し将軍平を経由するルートなら、2時間弱の登山。
チェルトの森からだと、朝登って昼過ぎに帰って来れます。
登山道の様子は、また後日!