<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

とっておきの“やすむ”を 『ビジンサマ・マルシェ』で!

蓼科山は、女神(めのかみ)山という別名があり、ビーナスライン、縄文のビーナス、女神湖など、女神に因んだネーミングがいくつかあります。



そんな女神山には、“ビジンサマ”なる神様が暮らしており、「ビジンサマが山を通る日 人は山仕事を休む」という言い伝えがあるそうです。

美人の女神様を崇めるために休むのか、休息をたっぷりとって美貌を保つ女神様にあやかって休むのか、理由は定かではありませんが、働き過ぎが指摘される日本に『休む』言い伝えがあるとは面白いですね。

そして今秋、ビジンサマ伝説の『休む』に着目したイベントが、ビジンサマのお膝元である蓼科湖畔で開催されます。



その名もズバリ! ビジンサマ・マルシェ!!

『やすむ神様のいる蓼科は休むために訪れる場所』というテーマで、“やすむ”ためにふさわしい、体に優しいオーガニックの食材を中心にした地産地消の食をはじめ、手作りクラフトなどの物販、マッサージサービスなどの出店が予定されています。

紅葉に染まる蓼科湖畔で、おいしい、楽しい、身体にいい、とっておきの“やすむ”を体験できる『ビジンサマ・マルシェ』へ、ぜひ!

【日時】 2016年10月9日(日) 10時から15時
【会場】 蓼科湖畔 彫刻公園 
【住所】 長野県茅野市北山4035

・イベントの詳細は茅野市HPにてご確認ください。

・出店情報は、ビジンサママルシェFBで確認できます。



■主催:ビジンサマ・マルシェ実行委員会(蓼科塾・茅野商工会議所・茅野市)

■協賛:蓼科観光協会 株式会社北八ヶ岳リゾート 蓼科温泉ホテル親湯 蓼科グランドホテル滝の湯 フジモリ薬局 

■協力:リゾートホテル蓼科 茅野TMO 信州バーベキュー協会 信州ナチュラルフーズ(匠亭)

■後援:茅野ロータリークラブ 蓼科観光協会青年部 長野日報社 美しの蓼科 糸萱かぼちゃ生産者組合 CLUB3719 

■予定している体験型のワークショップ
・茅野産鹿肉と旬野菜バーベキュー講座(無料)/講師 信州バーベキュー協会会長 今井隆宏
・茅野産鹿革のクラフト作り(有料)/主宰 一般社団法人蓼科塾
・ヨガ(有料)/主宰 ヨガエクスチェンジ
・ハンモック編み編みWS(有料)/主宰 里山ハンモック
・さき織り体験(有料) 主宰/さき織り保存の有志の会

■ふるまい
・信州伝統野菜糸萱かぼちゃのカレースープ/協力 糸萱かぼちゃ生産者組合 UPSOUP 
出店予定 約30店

実りの秋!食欲の秋!!高原野菜の秋!!!

実りの秋を迎え、八ヶ岳山麓の農場では多種多彩な野菜が収穫されています。原村にある「八ヶ岳中央農業実績大学校」の直売所には、野菜がフロアを埋めつくさんばかりにズラリ。特にカボチャの種類は豊富で、色、形、大きさ、様々なカボチャが並んでいます。



甘くてお菓子感覚で食べられ、おもちゃのような可愛いいルックスが人気のプッチーニとプチホワイト。





ナッツのような風味とバターのようにクリーミーな舌触りを持つひょうたん型のカボチャ・バターナッツ。



皮が柔らかく生でも食べられるサラダカボチャ・コリンキー。



ハロウィンカボチャなどが、所狭しと並んでいます。



巨大な黄色いズッキーニ。



赤、黄、緑、オレンジ、カラフルなパプリカ。



甘くて柔らかい朝どり原村キャベツ。



ぎゅっと締まったニンニク。



大学校の学生さんが朝2時から収獲している朝どりセロリ。



「安心してください!農薬不使用大根 葉っぱもどうぞ」黒板サイン付大根。



非常に高い糖度で粒皮も薄く生でも食べられるサニーショコラや白いトウモロコシ・バニラッシュ。





などなど、色とりどり個性多彩な高原野菜が勢揃いする直売所は、野菜のテーマパークのよう。

そして、秋の訪れを告げる“食用ホオズキ”も出はじめました。



食用ホオズキは、英語名を「グラウンド・チェリー(Ground Cherry)」といい、
ミニトマトより果肉が軟らかく、パイナップルに似た香りと甘酸っぱさから、欧米ではフルーツとして扱われています。そこで蓼科産の食用ホオズキは、「蓼科フルーツ」のネーミングが付けられています。



ビタミンA、Cや鉄分、体内に不要なものをためない働きをするビタミンB群のイノシトールを含み、コレステロールの低下や動脈硬化の予防に効果があるといわれ、健康面でも注目され、人気上昇中!



八ヶ岳山麓の農産物は夏野菜のイメージがありますが、秋の収獲物も見逃せませんよ!!


めぐる季節の中で

  • 2016.08.27 Saturday
  • 森暦
  •  
夏のピークシーズンが過ぎ、
いつもの静寂さを取り戻した蓼科高原。



餌台にやってくる小鳥たちも、のんびりゆったり。
蓼科時間で悠々と暮らしています。



花火、滝巡り、ハイキング、高原ドライブ…








避暑で賑わった夏が往き、



天高き澄みわたる季節へ。

名だたる景勝地も、
じっくり腰を据えて味わえます。



標高1,500m付近の森では、
モミジがほんのり色づきはじめた蓼科高原。



光、風、色、
夏から秋へ刻々と変わる森の表情。

季節の移ろいを

スローモーションで眺めているような毎日です。




まもなく、新祝日“山の日 ”


今年、8月の祝日として新たに制定された“山の日・8月11日”。
祝日が増えるのは“海の日”以来で、なんと20年ぶり!



日本は、周囲に海が広がる島国であると共に、
陸地面積の約75%が山地という山国。
考えてみると、
“海の日”があるのに、なぜ“山の日”がなかったのか、
不思議なくらいですね。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨に生まれた
“山の日”にちなみ、いつも麓から仰ぎみている八ヶ岳に登ってみませんか。

赤岳、阿弥陀岳、横岳といった険しい南八ヶ岳は、
それなりの経験と体力が必要だが、
『北八ヶ岳ロープウェイ』で山頂近くまでアクセスできる北横岳なら、
初心者でもOK。山に親しむ“山の日”にぴったりです。



標高1,771mの山麓駅から標高2,237mの山頂駅まで
ロープウェイの空中散歩を楽しみ、
山頂駅から標高2,480mの北横岳山頂へ標高差243mのトレッキング。





登山道はとても整備されていて歩きやすく、
90分ほどで北横岳の頂に立つことができます。



晴天時は、南八ヶ岳をはじめ、南・中央・北アルプス、木曽御嶽山、乗鞍岳、浅間山、金峰山などなど、信州・甲斐・秩父の山並を一望できます。







“山の日”新設を記念して、
今夏はぜひ、山の頂上に立ってみてください。
標高2,000mオーバーの透き通った空気、
壮大なマウンテンビューは、格別ですよ!



御柱熱!ふたたび!!




今春の御柱祭で数多くの氏子を乗せた
本宮四の御柱のメド梃子。



その実物が、
「鹿島南蓼科ゴルフコース」のクラブハウス前に展示されています。



山出し、里曳きと氏子たちの情熱を乗せ、
天下の奇祭・御柱祭の大役を務めあげたメド梃子の雄姿を、
ぜひ、間近でご覧ください。

そして今週末の7月23日は、
いよいよ地元の御柱!槻木区小宮祭が開催されます。


(Photo/前回の小宮祭)

チェルトの森別荘地内で伐採された “御柱”が、
別荘地入口の斜面を下ります。


(Photo/前回の小宮祭)

別荘地内から御柱を曳き出す光景は、
6年に一度しか見られません!ぜひ、お見逃しなく!!

◎ 集合場所/鹿島リゾート本社下

◎ 曳行スケジュール
・ 集合/7時
・ 神事/7時40分
・ 綱渡り/8時
・ 木落し/9時30分
・ 休憩/10時30分
・ 津島神社着(お昼)/11時30分
・ 津島神社発/12時30分
・ 天神様着(上槻木公民館前)冠落し・建御柱/14時30分
・ 終了・直会(上槻木公民館駐車場)/17時30分