<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

まもなく、新祝日“山の日 ”


今年、8月の祝日として新たに制定された“山の日・8月11日”。
祝日が増えるのは“海の日”以来で、なんと20年ぶり!



日本は、周囲に海が広がる島国であると共に、
陸地面積の約75%が山地という山国。
考えてみると、
“海の日”があるのに、なぜ“山の日”がなかったのか、
不思議なくらいですね。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨に生まれた
“山の日”にちなみ、いつも麓から仰ぎみている八ヶ岳に登ってみませんか。

赤岳、阿弥陀岳、横岳といった険しい南八ヶ岳は、
それなりの経験と体力が必要だが、
『北八ヶ岳ロープウェイ』で山頂近くまでアクセスできる北横岳なら、
初心者でもOK。山に親しむ“山の日”にぴったりです。



標高1,771mの山麓駅から標高2,237mの山頂駅まで
ロープウェイの空中散歩を楽しみ、
山頂駅から標高2,480mの北横岳山頂へ標高差243mのトレッキング。





登山道はとても整備されていて歩きやすく、
90分ほどで北横岳の頂に立つことができます。



晴天時は、南八ヶ岳をはじめ、南・中央・北アルプス、木曽御嶽山、乗鞍岳、浅間山、金峰山などなど、信州・甲斐・秩父の山並を一望できます。







“山の日”新設を記念して、
今夏はぜひ、山の頂上に立ってみてください。
標高2,000mオーバーの透き通った空気、
壮大なマウンテンビューは、格別ですよ!



御柱熱!ふたたび!!




今春の御柱祭で数多くの氏子を乗せた
本宮四の御柱のメド梃子。



その実物が、
「鹿島南蓼科ゴルフコース」のクラブハウス前に展示されています。



山出し、里曳きと氏子たちの情熱を乗せ、
天下の奇祭・御柱祭の大役を務めあげたメド梃子の雄姿を、
ぜひ、間近でご覧ください。

そして今週末の7月23日は、
いよいよ地元の御柱!槻木区小宮祭が開催されます。


(Photo/前回の小宮祭)

チェルトの森別荘地内で伐採された “御柱”が、
別荘地入口の斜面を下ります。


(Photo/前回の小宮祭)

別荘地内から御柱を曳き出す光景は、
6年に一度しか見られません!ぜひ、お見逃しなく!!

◎ 集合場所/鹿島リゾート本社下

◎ 曳行スケジュール
・ 集合/7時
・ 神事/7時40分
・ 綱渡り/8時
・ 木落し/9時30分
・ 休憩/10時30分
・ 津島神社着(お昼)/11時30分
・ 津島神社発/12時30分
・ 天神様着(上槻木公民館前)冠落し・建御柱/14時30分
・ 終了・直会(上槻木公民館駐車場)/17時30分




沸き立つ入道雲、心弾む夏景色。

八ヶ岳の上空に入道雲がもくもくと立ちのぼり、
蓼科高原は、夏真っ盛り。



夏空と森のコントラストがとても鮮やかで、
眺めているだけで、晴れやかな気分になってきます。



マイナスイオンたっぷりの渓流


Photo/ (別荘地入口付近の鳴岩川)

白樺の涼しげな佇まい



森を彩る花々



別荘地内にひょっこり現れる森の住人



森に響きわたるセミの声



夏の蓼科高原は、涼しさはもちろん、
生き生きとした森の息吹に包まれた森の中に身を置くだけで、
心が華やいできます。


(Photo/ 別荘地内・小段の池)

昔の人は、
忙しない普段の生活から解放されて、
のんびり保養をすることを、
「いのちの洗濯」とか「いのちの土用干し」とか言っていましたが、
まさに蓼科は、「いのちの土用干し」にぴったり。
エアコン無用の涼やかな森の中で、たっぷり英気を養えますよ。



(Photo/ 別荘地内・槻の池)


都会で味わう蓼科高原

先日、東京都目黒区のイデーショップ自由が丘店で行われた『蓼科塾』のプロモーションに立ち寄ってみました。



会場には、蓼科からやってきた手作りキッチンカー「ポインター号」が乗り付けられ、パラソルの下には、「無添加・非加熱・天然100%の蜂蜜」、「オーガニッククッキー」「信州大豆ナカセンナリを使った自家製湯葉・豆腐」「オールドローズ化粧品」「陶器・レザークラフト」などなどがズラリ。








蓼科の自然を凝縮した商品の数々は、自由が丘の皆さんの目にとても新鮮に映ったようで、道行く人たちが商品を手に取り、生産者の話を熱心に聞いていました。



無農薬・自然農法で栽培しているバラを原料にするオールドローズ化粧品コーナーにあった「虫が嫌うフレグランススプレー」は、ホントに虫が嫌うの?と疑ってしまうほどいい香り。一般的な虫除けスプレーとのあまりの違いに驚く方が続出。蚊に悩まされるこの季節、オーデコロンのような香りで虫を除けられたら最高ですね。



キッチンカーで販売されていた、蓼科塾代表・中村 恭子さんプロデュースの「茅野の寒天と信州茸をを用いた無添加のカレースープ」は、昼過ぎには早くも完売。やっぱり、美味しくて身体にやさしいものを、みんな求めているんですね。



蓼科では手にしやすい商品も、都会では特別な存在だってことを改めて実感。



蓼科で味わう蓼科は、
都会で味わう蓼科とはまた違った素晴らしさがあるので、
自由が丘のみなさん、ぜひ、自然の恵みに満ち溢れた蓼科へお越し下さい!!



猛暑とは全く無縁!エアコンの必要ない夏が、お待ちしています。



さぁ夏は、小宮の御柱!

 天下の奇祭!諏訪大社・上社と下社の御柱祭が終わり、
茅野の皆さんは一息ついていると思ったら、さにあらず。
小宮の御柱祭の準備が始まりました。

小宮の御柱祭とは、諏訪地方の6市町村(岡谷市・諏訪市・茅野市・下諏訪町・富士見町・原村)に点在する大小様々な神社の4隅に御柱を建てる祭事で、本家の御柱祭に比べると規模は小さいですが、山出し、里曳きという行程はほぼ同一です。
諏訪大社につながる神社はもちろん、全く関係のない氏神様、八幡社、稲荷社、道祖神、個人の屋敷神にいたるまで、御柱が建てられます。


 
チェルトの森別荘地内では、槻木区の小宮祭の山出し行事が行われる予定で、6月11日に御柱用材の伐採が別荘地内の保存緑地で行われました。



現在、伐採し皮を剥いた御柱が別荘地内に置かれています。

槻木区の小宮祭は7月23日に開催される予定です。
別荘地入口付近の急勾配の坂を一気に下る山出し!
楽しみですね!!